ペンギンオヤジの舌がん闘病記 Written by ペンギンオヤジ

雑記

手術から約4年が経過した私が現在、どんな感じで話せているのかを音声ファイルで公開したいと思います。舌の切除後にどれくらい話せるかは、切除範囲などによっても違うと思いますが参考になれば嬉しいです。

雑記

人は必ずしも合理的な判断で行動するわけではありません。抗がん剤治療やワクチン摂取がたとえ有益であると分かっていても回避してしまう心理について「プロスペクト理論」「現状維持バイアス」「時間割引率」の点から考察してみました。

闘病記

再手術後、今度は放射線治療と抗がん剤治療を並行して行うことが決まりました。今回の記事では、退院から放射線治療が始まるまでの間に受けた治療の説明と治療で使用するフェイスマスクを作った話をまとめました。

健康本 書籍

現代人に特有の「文明病」の正体を解き明かし、どのようにすれば本来の体調を取り戻せるのか?メンタリストDaiGoさんが「日本一尊敬する」というサイエンスライター、鈴木祐氏の「最高の体調」についてレビューします。

雑記

病院で検査や手術を受ける時って、事前に色々と説明をされた後で「同意書」にサインするんですよね。その「同意書」には何が書かれているのか?同意のサインをするために考えるべきことは何か?

がん 書籍

「今日から筋トレを始めよう」と説く著者が、がん患者さんが筋トレをするメリットや具体的で簡単なトレーニングのやり方、筋肉をつけるためのお勧めの食事法などを詳しく解説してくれてます。

雑記

最近読んだ「自分の頭で考える日本の論点」(出口治明:著、幻冬舎新書)のなかに、近藤誠氏のいわゆる「がん放置療法」に言及したことが書かれていたので、ちょっと内容を紹介しつつ、私の考えなども書いてみたいと思います。

雑記

【経過観察】コロナ感染で重症化・・・?! 21年05月28日、3か月ぶりの外来受診と検査に行ってきました。舌がんステージ3を告知され最初の手術を受けてから約4年、再発後の2度目の手術から約3年が経過した今の私の経過観察は3か月に1度、外来受診と検査というペースです。

がん 書籍

この本では、外科医として1,000例以上のがん手術を執刀した著者がプレハビリテーションとはなにか?から始まって、その効果や具体的なプログラムや、やり方についてまとめられてます。

雑記

舌がんと1年後に再発転移した時と2度の全身麻酔での手術を経験しました。 その手術のとき2回とも尿道カテーテルを入れられたんですよ。 尿道カテーテルとはどういうものなのかについて、私の体験を交えてまとめてみました。