ペンギンオヤジの舌がん闘病記 Written by ペンギンオヤジ

【書籍】「さよならタマちゃん」武田一義:著

がん 書籍

「さよならタマちゃん」
イブニングコミックス
武田一義 : 著

今回は、精巣腫瘍(せいそうしゅよう)という睾丸の癌を患った35歳の漫画家アシスタントさんが、自らの闘病生活を綴ったコミックをご紹介します。

内容は主に著者ご自身の入院生活を描いた闘病記ですが、その中にがんの闘病生活をおくるうえで大切なものがたくさん詰まってます。

逆境の中での前向きな考え方

自分を支えてくれる人の大切さに気づくこと

がんでも夢をあきらめずに生きていけること

などなど。

私も入院中に何度も何度も読み返して、そのたびに勇気をたくさんもらった大好きなコミックです。

がんに限らず闘病生活を送る上で、病気のことを知ることと同じくらい、心の持ちようがが大切だと思うんですよね。

気持ちが負けたら、病気にも勝てませんからね。

【目次】

Amazonの内容紹介

いつか漫画家になる事を夢見て、漫画家アシスタントとして日々を暮らしていた35歳の主人公。そんな彼に突然襲ってきた癌という大きな試練。

睾丸の癌に冒され、片タマを失った主人公が、家族や他の入院患者との出会いをコミカルな絵でリアルに描ききる。

後が無いのはわかってる。でも諦めるには早すぎる!

夢を掴むための闘病記!

命の代わりに失くしたものは、たいして重要なものじゃない

ハート型の雲と手のひらの写真

普通はがんになったというコトだけでも、精神的にキツイのにさらなる試練が作者を襲います。

抗がん剤の副作用で「末梢神経障害」を発症し、手先がしびれてペンがうまく持てなくなってしまうのです。

マンガを描くには致命的な障害、と思いきや作者は「今まで覚えた絵の描き方は一度すべて忘れよう」とペンの握り方から変えていくのです。

そして、こう言います。

命の代わりに失くしたものは

たいして重要なものじゃない

僕は生きてる

何度でも

どこからでも

やり直せる

病気で失うものって色々あると思う。でも、失くしたものを嘆いていても一歩も前に進めない・・・

ワタクシゴトで恐縮ですが

舌がんで舌の半分以上を切除し、足の筋肉を使って再建手術はしたものの「食べること」「言葉を発すること」そういった当たり前だったことがうまく出来なくなってしまいました。

このコミックの中にも書いてありますが、

「病気が治っても 元通りの体に戻るわけじゃない」のですよ。

それでも!

自分に残された体は、今のこの体一つだけなのだから、この先、どうやってこの体で食べたり、話したりしていけばいいのか、それを考えるしかないんですよね。

それに、舌の半分以上を失くしてしまったけど、その代わりに生き延びるコトができた!

生きてさえいれば、チャレンジもできるし道も開けるというもの。

命の代わりに失くしたものはたいして重要なものじゃない

入院中、心がくじけそうになるたびに、私はこの言葉を何度も心の中で繰り返して自分を励ましてました。

夫婦の絆、人の絆

手を取り合う夫婦

作者が入院中、抗がん剤の副作用によるストレスが溜まりにたまって、

遂には奥さんに対して

「見舞いになんか来んな!!

来んなっ 来んなっ

もう来んなっ!!」

と感情を爆発させてしまいます。

そして数日後

再び見舞いにやってきた奥さんが作者に言います。

「かず君(作者のこと)が言った『来るな来るな』っていうのは

『助けて助けて』ってことだと思った」

奥さんのその言葉を聞き、作者は今までの辛い思いを吐露して奥さんの胸で涙を流して泣きじゃくります。

がん•••に限った話ではないと思うのですが、病気になった時って、身体に対する治療と同じくらい、心のケアというか心の支えが必要だと思うんですよね。

周りの人たちの励ましや優しさが何よりの薬になることがあるように思います。

この作品の中では、そうやって夫婦が助け合って、支え合って病気を克服していく姿だけでなく、入院患者どうしが励まし合う姿や医師 、看護師との関係などが描かれていて、改めて「人は、人との関係の中で生かされている」ことに気づかされます。

私、癌の再発転移が見つかって再手術を受けた後、放射線治療と抗がん剤治療を受けたんですね。

副作用というか、放射線治療のダメージが結構ツラくて、これで元気になれる!とはとても思えない状況が長くつづきました。

体のダメージはいうまでもなく、精神的にすごく追い込まれているような気がして、病棟の看護師さんやドクターの皆さんに反抗してみたり、言いつけを守らなかったり今から思えば随分と子供じみた態度をとってしまいました。

改めてこのシーンを読み返すと、感情を奥さんにぶつけてしまった著者の姿とあの時の自分の姿が少しダブって見えました。

がんでも夢をあきらめない!

壁を壊す人の写真

35歳
マンガ家アシスタントの可能性・・・

正直、最近は自分自身
本気でマンガ家になろうと思ってやっているのか

なんらかの結論を出すことから
逃げているだけなのか

分からなくなっていた

マンガ家デビューを夢見ながら、ずるずるとアシスタントを続け、気づいたら35歳になっていた作者の武田氏。

それが、がんになったことをきっかけに「ここから もう一度やり直す!」ことを決意し、病床でマンガを描き始めます。

退院後、自身の闘病記を描き上げ連載が決まり、マンガ家としてデビューを果たします。

そして•••

2017年の5月には「ペリリュー 楽園のゲルニカ」という作品で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞するに至ったのです!

よく「逆境こそがチャンス」とか言いますが、まさにその通りの展開です!

最近「AYA世代のがん」が話題なることがあります。AYA世代とはだいたい15歳から39歳頃までの患者さんを指す言葉といわれてます。

私は50過ぎのおっさんですが、若い世代のがん患者さんにとって将来の問題は重要ですよね。再発のリスクや長い闘病生活(経過観察)を抱えながら、どうやって働き生きていけばいいのか、色々と悩むこともあると思うのです。

がんになって失うものやあきらめることもあると思うけど、それでも夢をあきらめなかった作者の生き方はきっと多くの人に勇気を与えてくれるんじゃないでしょうか。

がんの闘病記というシリアスなテーマを描きながらも、この作品が暗くならず、むしろ明るい希望を感じさせてくれるのは、逆境をチャンスに変えて、夢を叶えた作者のサクセスストーリーになっていることも一つの要因だと思うのです。

最後に・・・(まとめと感想)

まとめ

「がん」とひと口にいっても、発生部位や病状の進行具合によってその症状は人それぞれだと思うのです。

だから、この本の中で作者がどんなクスリで治療を受けてきたかというコトも描かれてますが、あまり参考にならないかと。。

それに抗がん剤治療については、相当キツイ治療に耐えた様子が描かれてますが、作者が実際に治療を受けてからもう10年近く経ってると思うんですよ。

その間に抗がん剤の副作用を抑えるクスリも開発されたと聞いてるし、何より抗がん剤の副作用って人によって違うと言われてるので、これを読んでもあまりネガティブになる必要はないかなぁと。

ただ、治療に向かう気持ちの持ち方や生き方などは、きっと多くの人に役に立つと思うし、共感や勇気を与えてくれるんじゃないかと思うのです。

今回の記事では、読んで私がとても共感した3点について感想を含めてご紹介させてもらいました。

逆境の中での前向きな考え方

自分を支えてくれる人の大切さに気づくこと

がんでも夢をあきらめずに生きていけること

他にも書きたいことがたくさんあるのですが、あまり書いちゃうとネタバレみたいになるので。。このへんで。

がんや大病を患った時に、治療はお医者さんに頼る部分が殆どだと思うけど、心の持ちようなどは自分がやらないとダメですよ。

この本には前向きになって頑張れる言葉やシチュエーションが詰まってます。

私が入院中に何度も読み、勇気をたくさんもらった1冊です!!