ペンギンオヤジの舌がん闘病記 Written by ペンギンオヤジ

【雑記】がん治療論争 がんは放置してもいいの?

雑記

ペンギンオヤジ「がんは早期に見つけて治療する方が良いのか?それとも放置する方が良いのか?どちらだと思いますか?」

最近読んだ「自分の頭で考える日本の論点」(出口治明:著、幻冬舎新書)のなかに、近藤誠氏のいわゆる「がん放置療法」に言及したことが書かれていたので、ちょっと内容を紹介しつつ、私の考えなども書いてみたいと思います。

がん治療論争について

本と虫眼鏡

この本で取り上げられてる「がん放置療法」について簡単にまとめてみたいと思います。

  • 1996年、元慶應義塾大学医学部専任講師で、現在は近藤誠がん研究所の所長を務める近藤誠氏が著書「患者よ、がんと闘うな」で多くのがんは手術や抗がん剤治療をせずに放っておく方が良いと訴えた。
  • この本がベストセラーになったことで、がん治療の是非をめぐる論争が起きた
  • 2012年には、同じ近藤氏による「医者に殺されない47の心得」がミリオンセラーとなり再び論争が再燃した。

近藤氏の主な主張は次の通りです。

  • 猛毒を使って、がんを攻撃する抗がん剤は正常細胞にもダメージを与える副作用の方が大きい
  • 抗がん剤でがんが治る、延命できるというデータはない
  • がんによる死亡については、患者に負担の大きい手術を施した事による後遺症、いわば「術死」である

こうした近藤氏の主張に対して他の医師、研究者の見解は現代の医療に求められるエビデンスを欠いていて論争に値するものではない、という批判が主流を占める。

がん放置療法が問いかけるものは何か?

 

QOL

近藤氏のがん放置療法に対して、この本では次のようなことが書かれています。

近藤氏の主張が、手術の後遺症や抗がん剤の副作用に苦しむ患者、死の不安におびえる患者と家族、がん患者予備軍など、多くの人々の医師にはいえない本音を代弁し、共感を得たのは事実だ。

日本医科大学武蔵小杉病院・腫瘍内科医の勝俣範之氏は、著書『医療否定本の噓』(扶桑社) のなかで、「これまでの医療は、病気を治すことだけを目的にし、患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を考慮してこなかった面がある」

個人的には、この近藤氏のがん方治療法はトンデモ以外のなにものでもないと思ってます。

ただし、ここに書かれているように、がんの治療において手術の後遺症や抗がん剤の副作用で苦しむ患者さんのQOL(Quality of Life、生活の質の維持という意味)を少なからず犠牲にしているという問題はあると思います。

そういう面で「がん放置」というトンデモ医療ですが、現在の医療について一つの問題を投げかけているのかも知れません。

(それでも、トンデモ医療を許す気には到底なれませんが!)

がん治療論争に対する著者(出口治明氏)の見解

アイデアを思いつく

こうしたがん治療論争について、著者の出口治明氏は次のように書かれてます。

がんは治療すべきか、放置がいいのか、というテーマは、単に医療技術の問題だけではなく、人生観の問題でもあると思います。

病気になったら天命と思って自然の摂理に任せるという考え方と、可能な限りの治療を受けて医療(科学)の力を最大限活用したいという2つの考え方に分かれるのでしょう。

たぶん・・・がんのステージ(進行状況)とかによっても、治療を受けるか否かという判断が分かれると思うんですよね。

例えばステージ1とか2の初期で手術で切除可能であれば、多くの患者さんは治療を受ける選択をすると思うんですよ。

だけどステージ3、4の進行がんで手術が難しかったり、抗がん剤や放射線治療なども併用するとなると、体にかかる負担も大きくなります。

そうなると、人によっては積極的な治療ではなく緩和ケアなどを選択する患者さんもでてくるのではないかと。

また、著者の出口氏は2018年に亡くなられた樹木希林さんのことにも触れていて、治療の選択は放置or積極治療という両極端ばかりではないとも書いてます。

希林さんは最初に乳がんが見つかり全摘手術を受けます。その後、ホルモン剤を服用しますが、身体に合わないという理由で途中で服用を中止。

その後、がんが身体中に転移して全身がんの状態となります。しかし、手術や抗がん剤治療は行わずに、放射線治療を選択したのだとか。

希林さんは「ふつうの生活」ができることを優先されたのだと思います。通常の外科手術は体力が戻るまでに時間がかかり、抗がん剤治療は副作用があり、「ふつうの生活」をおくるのが難しくなります。それは希林さんの望むところではなかったのでしょう。

まったくがんを放置するということもされなかったわけです。自分で考え、自分で選択し、自分の人生を全うされました。

著者はこのような樹木希林さん(他にも堀ちえみさんのことも本文で触れてる)のがんという病気への向き合い方について、このように結んでいます。

樹木希林さんも堀ちえみさんも、どちらも自分がどういう治療を受けるのかを自分の頭で考えて、方針を決められました。がんに限らず、病気との向き合い方は本来そうあるべきだと考えます。

がん治療論争、ペンギンオヤジはこう考える

オピニオンの吹き出し

先ず最初に断っておかないといけないのだけど、私は近藤誠氏の著書を読んだことがなく、その内容については他の著者が書かれた本の中で触れられているのを読んだり、ネットニュースで聞きかじったりしたことしかないです。

詳しく知りもしないものを、あーだ、こーだと批判するのも少し憚れるのだけど、この出口氏の著書をもとに少し私が思うことをまとめてみたいと思います。

転ばぬ先の杖、国民病であるがんのことを少しは知っておこう

今や、がんは日本人の2人に1人がかかる病気です。これはもう国民病といっても過言ではないと思う。

自分ががんにならなかったとしても、自分の家族や友人がかかってしまう可能性は大きい。
それなのに「がんは怖い病気」「抗がん剤治療は死ぬほどツライ」という何となくのイメージでしか、がんを理解してない人が多いような気がします。

・・・と、エラソーなことを書いている私も自分が舌がんステージ3を告知されるまで、がんについては殆ど何も知りませんでした。

そしてある日、突然「がんです」と告げられて慌てふてめいてしまう人は多い。

「これからどーなるんだろう?」「もしかして死んじゃうのかな?」などと不安や恐怖に怯えている心の隙につけ込んでくるのがトンデモ医療だと思うんですよね。

近藤氏の放置療法に限らず、世の中にはがんにまつわるトンデモ医療は数多くあるんですよ!

平常心なら絶対に騙されることがないようなものでも、心が弱っているときに「痛くないよ」「苦しまなくてもすむよ」と甘い言葉をささやかれるとコロッと騙されちゃうんですよ。そして、気がついた時には手遅れ・・・っていうのがよくあるパターン。

だから、そうならないためにもがんになる前から一般教養のつもりで最低限のがんについての知識は知っておいた方が良いと思う。

世の中にはトンデモ医療にとどまらず、がんについてのトンデモ本も多いので注意して欲しいのだけど(私も知らずにたくさん、その手の本を読んでしまいましたよ)、私が読んで役に立った本についてのまとめ記事を書いているので良かったら参考にしてください。

自分の命を医者に丸投げするな!

「がんです」と告知され、その後はとにかく何でも「お医者さんのいう通りに」という人もいます。

インフォームドコンセントで色々と説明されても、予備知識がないと頷くばかりになってしまいます。

インフォームドコンセントとは、患者さんが医師等から診療内容などについて十分な説明を受け理解した上で、患者様ご自身が同意され、最終的な治療方法を選択していただくということです。

(出典:藤田医科大学病院「インフォームドコンセントガイドライン」

それに、インフォームドコンセントでもお医者さんの性格によって1から10まで丁寧に説明をしてくれる人もいれば、端折って説明する人もいるわけです。

何だかよく分からないけど「とにかくお願いします!」って、お医者さんに任せっきりにすると、手術後や治療中に「えっ!聞いてないよ!」ってことになって、でもその時には既に時遅し・・・ってなっちゃうんですよ。

出口氏が『自分がどういう治療を受けるのかを自分の頭で考えて、方針を決められました。がんに限らず、病気との向き合い方は本来そうあるべきだと考えます。』って書いているのは、本当にその通りだと思うのです。

がんに限らず病気の治療の主人公は自分です。お医者さんが主役というわけではないのです。

もちろん、自分一人でがんのような大病を治すことはできませんから、お医者さんなど医療関係者のサポートは絶対に必要です。

だけど、私個人はお医者さんは自分と一緒に走ってくれるサポーターだと思ってます。

分からないことを質問したり、必要な処置はお願いするけど、どういう治療をするかを最終的に決めるのは自分自身だと思うし、これまでもそうしてきたつもりです。

だって、自分にとってたった一つの命じゃないですか。

最後の最後に責任をとるのはお医者さんじゃなくて、自分自身です。死んじゃっても、後遺症があってもそれを引き受けるのは自分自身ですよね。

だからこそ、どういう治療を受けて、どうやって過ごしていきたいのかくらい自分で決めるべきだと私は思うのです。

まとめ

メリット・デメリット

がんの症状によって違うと思うので、一概には言えないのですが、がんになった時に放置か?それとも積極治療か?というゼロイチで考えるのは違うような気がするんですよね。

あまり多くはないかも知れないけど、治療の選択肢っていくつかあって、メリットとデメリットを理解したうえで選択肢の中から自分が最も受けたい治療を選べばいいと思う。

時には甘んじて後遺症や苦しみを引き受けなければいけないこともあると思うけど、それも自分の命と引き換えだと思えば、大したことじゃないのかも知れない。

何を優先したいのか?

そのためにはどんな治療を受けるのか?

そして、あきらめることは何か?

そんなことを、しっかりと自分の頭で考えて決断することが大切だと私は思うのです。